日本統合医療学会・九州支部会セミナー in鹿児島

8月10日(土)・11日(日)の両日、日本統合医療学会・九州支部会のセミナーが鹿児島市の城山観光ホテルを会場として行われ、出席して勉強して来ました。
f0222994_2214633.jpg

九州新幹線の乗り心地は最高です!
f0222994_2223215.jpg

会場の城山観光ホテル。小高い山の上に建っていますが、少し下ると西南戦争の折、西郷隆盛が籠った「西郷洞窟」などがあります。
f0222994_2324230.jpg

初日の講演は、
①東洋医学概論(明治国際医療大学非常勤講師・小野直哉先生)
②機能性食品素材・サプリメントの適正使用ー臨床研究Updateー(健康科学大学・蒲原聖可教授)
③統合医療概論(東京女子医科大学・川嶋朗准教授)
④統合医療と看護(宮崎大学医学部看護学科 成人・老年看護学講座 緒方昭子先生)

2日目の講演は、
①メディポリス指宿における統合医療の取り組み
            (メディポリスがん粒子線治療研究センター・原田美佳子センター長代理)
②サザンヒルズ(施設名)における、鍼灸と医療との連携・予防を目的とした取り組み(新留弘鍼灸師)
③全人的健康地域文化創造をめざした取り組み(鹿児島県赤十字血液センター・吉田紀子所長)
④アンガーマネジメントのすすめ(サザン・リージョン病院・大瀬克広緩和ケア病棟長)


すべて興味深い内容でしたが、特に外科医でもあり 癌の粒子線治療という先端的な医療に携わっておられる原田美佳子医師の統合医療への取り組みや、看護師としての立場からの宮崎大学・緒方昭子先生の講演、大瀬克弘先生のアンガーマネジメントの話等々、九州支部会ならではの、実際の活動内容や課題も見えてくるような 実のある内容のセミナーでした。

ただ、認定資格を持つカイロプラクターは 九州ではいまだ私(坂井)一人しかおらず、カイロプラクターが統合医療に貢献するためには、一定以上のレベルを保証出来る資格者のボリュームがもっと必要だなあ・・・とも実感した2日間でした。



腰痛・O脚矯正・骨盤矯正・姿勢矯正など。
福岡県福岡市「博多カイロプラクティック」