読書三昧 「突然、妻が倒れたら」。 怖~い”くも膜下出血”

歌手のKEIKOさんが くも膜下出血で倒れたニュースは、今日もワイドショーなどで取り上げられていましたね。

今から約4年前、当時フジテレビ「ニュースJAPAN」のアンカーマンとして、滝川クリステルさんと一緒に出演されていたキャスターの松本方哉(まつもと まさや)氏。 

当時46歳の夫人が やはりくも膜下出血で倒れ、、介護のために「ニュースJAPAN」を降板。そして2年後に出版されたのがこの本。
f0222994_0302458.jpg

                                       新潮社 1365円(税込)
著者は”わが家を襲った「テロ」”と表現されていますが、当時小学校5年生の息子さんを抱えての苦悩が赤裸々に記されています。

くも膜下出血は 落命する確率も高く、手術が成功しても、その後の血管の攣縮(細くなる)による脳梗塞等によって、様々な後遺症が残り得ます。

私は、この本を読んでから思い立ち、家内と2人で脳ドックを受けに行きました。(幸い2人とも異常はありませんでしたが・・・・)。

医療機関や検査内容にによって脳ドックの料金は違いますが、福岡市とその周辺では3万5千円~5万円(1人あたり)ぐらいが相場のようです。

料金を聞くと、ほとんどの方が” 高いっ!!”と思われるでしょう。 しかし この本を読むと、お金か検査か、自分の中の優先順位が変わってしまいます。

忙しくて時間が無い、働き盛りの方にこそ 読んで頂きたい1冊です。



腰痛・O脚矯正・骨盤矯正・姿勢矯正など。
福岡県福岡市「博多カイロプラクティック」


by hakata-chiro | 2011-10-28 01:14 | 読書三昧