日本統合医療学会・教育セミナー in九州

25(土)・26(日)の両日、日本統合医療学会・九州支部主催の「認定資格・認定および更新のための教育セミナー」が 福岡県久留米市の社会医療法人 天神会 新古賀病院を会場として行われ、出席して勉強してきました。
f0222994_072344.jpg

久留米に用事がある時は いつもは車なので、西鉄久留米駅はかれこれ17年ぶりです。
f0222994_0135644.jpg
f0222994_0141792.jpg

会場の新古賀病院。
出席者は35~40名程だったと思いますが、参加資格を持つカイロプラクターは全国でも数少ないため、カイロプラクターとして今回出席していたのは私1人。左隣りに座られていたのは沖縄から出席の内科ドクターでした。

講義は、東京女子医科大学・川嶋朗先生の「統合医療総論」から始まり、健康科学大学・蒲原聖可先生、九州大学・吉原一文先生などなど。そして我らが東京カレッジ・オブ・カイロプラクティック(旧 RMIT大学日本校) 整形外科医兼カイロプラクターの「T先生」が”トリ”をつとめられ、2日間で計6名の講師の先生方による 熱のこもったものとなりました。
f0222994_0262877.jpg

これは、新古賀病院のすぐ横に建つ「新古賀クリニック」の案内板ですが、3Fに「メディカル・アロマセラピー」の文字が見えます。
日本ではエステが取り入れたために”美容法”としてのイメージが強く 玉石混交になってしまっていると思うのですが、本来は”医療”としてフランスで創始されたもので、当然 「統合医療」に含まれます。 
今回 看護師でもある岩橋知美先生の講義を拝聴して、アロマに対する見方が大きく変わりました。カイロと同じく保険適用にはなりませんが 新古賀クリニックでは 主に乳がん手術後の浮腫(ふしゅ=むくみ)のある方で、施術を希望される方に対して提供される事が多いそうです。



腰痛・O脚矯正・骨盤矯正・姿勢矯正など。
福岡県福岡市「博多カイロプラクティック」