人気ブログランキング |

院内の消毒と衛生面への対処について

新型コロナウィルスの影響で、いつもは人であふれている博多駅とその周囲も人通りは大幅に少なく、時間帯によっては閑散とした雰囲気さえ漂っています。

この3月で開業から24年目に入りました博多カイロでは、今回のウィルス騒動よりはるか以前から院内の消毒と衛生面には徹底して心を砕いており、このような時期ですのでその一部をご紹介しておきたいと思います。

1.治療台からドアノブにいたるまで、皆様が接触される面は2種類の消毒液(皮膚に付着しても安全なもの)を使用して消毒し、お一人お一人の施術開始時には常に清潔な状態になるように徹底しています。

2.治療台は、手を置く部分や身体を接触するあらゆる部分を含めてまず全体を消毒し、特に治療時にお顔を伏せていただくヘッドピース部分には、清潔なタオルを敷いた上にフェイスペーパーを置き、さらにその上に肌に優しいようにティッシュペーパーを重ねる3段重ねとし、当然ですが、お一人お一人ごとに必ず全てを取替えています。
院内の消毒と衛生面への対処について_f0222994_04165968.jpg
3.施術者である私(院長・坂井)は常にマスクを着用し、施術時に触れる際には必ず清潔なタオルごしにコンタクトをしています。
はるか昔の修行時代から、例えば手技の練習の際でも、素手で顔や素肌にベタベタ触れられることに私自身が非常に抵抗を感じていたためですが、タオルごしでも正確な手技が行えるように工夫しました。

現実問題としては、お一人当たり数枚の新しいタオルをしかも毎回取り替えながら行うので、毎日膨大な量の洗濯物が生じます。加えて施術時に着用いただいているTシャツやジャージも当然ご来院人数分必要ですし、私自身の白衣もアンダーシャツまで含めて1日に何回も着替えています。

タオルケットなども、実は同じ生地・色柄のものを多数用意して日々ローテーション・洗濯しながら使用しており、除菌・消臭剤も併用しています。
正直なところ、洗浄・殺菌・消毒に掛けている時間・費用・手間は膨大なのですが、重要な優先事項として長年継続しています。
院内の消毒と衛生面への対処について_f0222994_04403904.jpg
             1日の途中で撮った写真なので、もう大分減っています。

4.最近に追加した事としましては、以前のインフルエンザ流行期もそうでしたが、受付にヒビスコール消毒スプレーを設置し、また施術の合間には部屋を出てビルのエレベーターのボタンまで消毒している(笑)ことでしょうか。
院内の消毒と衛生面への対処について_f0222994_04582533.jpg
毎年春先には消毒液の価格が上昇するため、いつの頃からか年末に消毒液やマスクの備蓄を増やす習慣が出来、そのおかげで品薄・品切れが続く現在でも、惜しむ事無く衛生面の維持に使用出来ています。安心して施術を受けて頂けるように、今後とも手を抜く事無く実践し続けることをお約束致します。

腰痛・O脚矯正・骨盤矯正・姿勢矯正など。
福岡県福岡市「博多カイロプラクティック」


by hakata-chiro | 2020-03-21 05:16 | 雑感