カテゴリ:読書三昧( 6 )

著者は、菊地臣一・福島県立医科大学 理事長兼学長。
「腰痛」の泰斗であり、医師を始めとする医療者向けの著書や論文は数多く、私も繰り返し読んで勉強させて頂いていますが、意外なことに一般向けとしてはこれが初めての本。
f0222994_21444554.jpg

                           メディカルトリビューン  1365円
腰痛に関する一般的な、当たり障りのない家庭向け解説書は 書店に行けばそれこそ山ほどありますが、この本は一般向けながらも、類書とは はっきりと一線を画する内容になっています。

目次からいくつか拾って見ると、
・椎間板ヘルニアがあっても腰痛は治る?
・痛みは天候・湿度に影響される?
・腰痛は脳が作っていた?
・信じる者は救われる
・手術療法で問題解決できるわけではない  etc.etc. 興味をそそられる内容が盛り沢山!

科学的根拠を元に、客観的に腰痛の「謎」を解いていこうとされているもので、カイロプラクティックなどの徒手療法にも言及されています。 

本の「あとがき」で著者は、 
科学的根拠を元に表現しようとすると、(多様な研究報告を踏まえる結果として) 専門家でない読者が読んだ時に「歯切れの悪い表現」で「関心の持てない」本になりかねない という危惧を抱きつつ、しかし「生涯をかけて腰痛を勉強してきた科学者として ”腰痛は100%分かった。必ず治る” というような、世間によくみられる本にはしないという決意」で書き上げた、という事を記されていますが、一読しただけでその工夫が伝わってきます。

このブログにときどき登場される「整形外科医 兼カイロプラクターの”T”先生」は、著者の菊地教授の元で整形外科医としての修業を積まれた方で、奥さまは元・菊地教授の秘書をされていた方だとか(笑)。

菊地先生の臨床と研究にかける情熱についてのお話を伺った事もあり、著書から学ぶ教えが より身近に感じられます。

一般向けに、スムーズに読めるように仕上げてある本ですが、慢性的な腰痛で苦しんでおられる方や、手術
が必要かどうか選択に迷っておられる方など、真剣に痛みに向き合っている方にとっては、新しい発見や 深~い気付きが得られる可能性もある本だと思います。 お勧めします。



腰痛・O脚矯正・骨盤矯正・姿勢矯正など。
福岡県福岡市「博多カイロプラクティック」


by hakata-chiro | 2013-03-13 23:20 | 読書三昧
脳科学おばあちゃんで有名な久保田カヨ子さんのご主人で、 京都大学名誉教授で脳神経生理学の権威 久保田 競(くぼた きそう)博士の一般向け著書。
いわゆる早起き推奨・朝活用本は沢山ありますが、脳科学に裏打ちされた、類書とは一線を画す、しかもわかり易~く書かれた本.
f0222994_19124841.jpg
                               ダイヤモンド社 1365円(税込) 
◎ 「6時間半以上七時間半未満の睡眠」が最も死亡率が低い。
  (本文中には、「1日4~5時間睡眠でやっていくしかない」という方は、寿命を犠牲にしている事を
わきまえて下さい。と書かれています) 
◎ 4時間以下の睡眠では、肥満リスクが劇的に高まる。
◎ ジョギングは朝より夜がお勧め。また、就寝1時間前にはジョギングを終えている状態が望ましい。
  (著者の久保田先生は46歳でいわゆるスロージョギングを始め、2年間で23Kgの減量に成功
されています。)
◎ 2週間以上ストレスを受け続けると、脳の損傷が始まる。

等々、面白い内容がてんこ盛りですが、身につまされる事も多く書かれています。

カイロプラクティック大学のCSC課程に在学中、レポートに追われて 毎日の睡眠3時間ほどで数年を過ごしました。
同期生は皆そうだったと思うのですが、RMIT大学の卒業判定は厳密に行われますので、それだけ頑張ったクラスメイト22名のうち 一緒に卒業出来たのはたった13名。
私自身、当時 最悪の体調になったのを記憶していますが、一緒に卒業した同期13名のうちの2名が、なんと40歳台の若さで亡くなってしまっているのです。

睡眠不足とストレスが身体にとってどれほどの害をおよぼすか、身にしみているはずなのに、7時間寝るのはやっぱり難しい!(笑)。

ジョギングも、久保田先生は 夜30分位走る事を文中では勧めてありますが、夜というより「深夜」に1時間以上、調子にのって2時間近く走ってしまう事もある私は 一体どうなんだろう(笑) と思ってしまいます。

あっさり読み終えてしまえる本ですが、読み方によっては深~いものが含まれています。



腰痛・O脚矯正・骨盤矯正・姿勢矯正など。
福岡県福岡市「博多ヵイロプラクティック」


    
by hakata-chiro | 2011-11-23 19:09 | 読書三昧
博多カイロの待合室には、やや大きめの本棚と、雑誌用のラックが置いてあります。

待合室を何げなく見ていると、置いている書籍・雑誌類の中で、一番多く手に取られていたのが ”うつとは違うストレスによる体の異変”という副題がついた「My Doctor vol.6 心身症」という エコノミスト誌の臨時増刊号でした。
f0222994_0162897.jpg

東京大学医学系研究棟で行われた「日本統合医療学会」の認定資格セミナーに出席した際、1限目の講師を務められた九州大学病院の久保千春病院長(心療内科 教授)から出席者に紹介されたもの。

早速購入し、読後に待合室のラックに入れておいたのですが、来院されるたびに読まれている方もいて、”皆さんストレス社会で戦っているんだな~”と つくづく考えさせられます。


f0222994_0321162.jpg

                                   中経出版  1260円(税込)
ストレスフルな毎日を送っている皆さん向け。疲れている時でも気軽に読めて、元気を与えてくれるのが この「情熱思考」。
逆境をのりこえて成功を収めた、誰もが知る45人の物語。 読みやすい短い文にまとめてあります。頑張っているけど、時々心が折れそうになる事がある方。特効薬になるかも?


f0222994_0544775.jpg

                                   医学書院 9660円(税込)
一般向けではなく医学の専門書ですが、このブログは同業者の方もよく見られているようなので、そちら向けの紹介です。 九州大学心療内科のスタッフと教室出身の方々が中心になって執筆された、心身医学を勉強するための基本テキスト。 編集は前述の久保千春先生です。



腰痛・O脚矯正・骨盤矯正・姿勢矯正など。
福岡県福岡市「博多カイロプラクティック」


by hakata-chiro | 2011-10-29 01:11 | 読書三昧
歌手のKEIKOさんが くも膜下出血で倒れたニュースは、今日もワイドショーなどで取り上げられていましたね。

今から約4年前、当時フジテレビ「ニュースJAPAN」のアンカーマンとして、滝川クリステルさんと一緒に出演されていたキャスターの松本方哉(まつもと まさや)氏。 

当時46歳の夫人が やはりくも膜下出血で倒れ、、介護のために「ニュースJAPAN」を降板。そして2年後に出版されたのがこの本。
f0222994_0302458.jpg

                                       新潮社 1365円(税込)
著者は”わが家を襲った「テロ」”と表現されていますが、当時小学校5年生の息子さんを抱えての苦悩が赤裸々に記されています。

くも膜下出血は 落命する確率も高く、手術が成功しても、その後の血管の攣縮(細くなる)による脳梗塞等によって、様々な後遺症が残り得ます。

私は、この本を読んでから思い立ち、家内と2人で脳ドックを受けに行きました。(幸い2人とも異常はありませんでしたが・・・・)。

医療機関や検査内容にによって脳ドックの料金は違いますが、福岡市とその周辺では3万5千円~5万円(1人あたり)ぐらいが相場のようです。

料金を聞くと、ほとんどの方が” 高いっ!!”と思われるでしょう。 しかし この本を読むと、お金か検査か、自分の中の優先順位が変わってしまいます。

忙しくて時間が無い、働き盛りの方にこそ 読んで頂きたい1冊です。



腰痛・O脚矯正・骨盤矯正・姿勢矯正など。
福岡県福岡市「博多カイロプラクティック」


by hakata-chiro | 2011-10-28 01:14 | 読書三昧
f0222994_1365597.jpg

心療内科・精神科医の熊井三治先生が、一般向けに書かれた本。
発行所/鞍手総合医学社   1200円

本の”はじめに”の中で、「~企業の社報に、働く人のための心の処方箋というタイトルのメンタルヘルス通信として、2年前から投稿してきたものです。」とある通り、非常に読みやすくて示唆にも富んだ本です。

第1章「食事で治すうつ病」第2章「失恋した女性は何故旅に出るのか」など、元々が社報の掲載文とあって、ごく短い章を24章(の最終回まで)まとめてあります。

紀伊国屋書店の医学書コーナーで見つけて、初めは仕事の参考書として読んだのですが、これは施術者・治療者の立場から読んでも、一個人として読んでも非常に有益な本であると思い、博多カイロのスタッフにも読んでもらいました。

書店でも好評だったのでしょう。その後見たときには、家庭医学のコーナーでも平積みで売られていました。



腰痛・O脚矯正・骨盤矯正・姿勢矯正など。
福岡県福岡市「博多カイロプラクティック」



  
by hakata-chiro | 2011-01-13 06:33 | 読書三昧
我が家には子供たちが ”図書室のような部屋” と呼ぶ納戸があり、相当量の蔵書があります。

仕事関係の医学書や技術書が大部分を占めてはいるのですが、中には同業者が見たら喉から手が出るほど欲しがるであろう、「お宝」書籍もけっこうあったりします(笑)。

もともと読書好きで専門書以外の本もかなり読みますが、私が博多カイロに来院下さった方によく紹介している本や、個人的お気に入りの本が色々ありますので、ブログでもその一部を紹介しようと思います。

f0222994_2092918.jpg

西日本新聞に連載された特集をまとめたブックレット。
この「食卓の向こう側」シリーズは10数タイトル出ていますが、私が特におすすめするのがこの ~「命」つなぐために~ と以下の2冊、 ~産む力、生まれる力~ と、 ~命の入り口、心の出口 ~ の計3冊です。
f0222994_20195087.jpg
 
f0222994_2020395.jpg

1冊500円とお値段もリーズナブル。福岡であれば大型書店の郷土史・誌のコーナーや、地元出版社の書籍を集めたコーナーにあると思います。ネットでもアマゾンやbk1などで簡単に購入出来ます。
”食”に対する、自らの考え方・行動に変革を促してくれる良書です。おすすめします!



腰痛・O脚矯正・骨盤矯正・姿勢矯正など。
福岡県福岡市「博多カイロプラクティック」


by hakata-chiro | 2010-10-10 20:30 | 読書三昧