<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

23日の日曜日、JAC(日本カイロプラクターズ協会)九州地域ブロック主催の「神経診断学”塾”」に出席して来ました。

一昨年から定期的に開かれ、知識を”アップデート”するために、私が最も楽しみにしている勉強会のひとつです。

講師は、東京の国立大学医学部卒業後、日本の腰痛研究の泰斗と言われる教授の元で研鑽を積まれた、医学博士・日本整形外科学会認定医・脊椎脊髄病医、かつカイロプラクターでもある現役最前線のドクターで、「カイロプラクティックを理解した、手術執刀経験も豊富な整形外科医」の立場からの講義は”素晴らしい”のひと言です。

博多カイロには、手や脚の痺れを訴える患者さんが数多く来院されます。
最近特に多いのが、坐骨神経痛(専門的には神経根性疼痛と言います)を主訴として来院される皆様です。

今回の神経診断学”塾”のテーマは「形態学から見た腰仙椎部の病態」および「腰椎変性疾患」でしたが、このような知識は、まず手技療法の禁忌かどうかを鑑別した上で、安全な施術を行うために絶対必要不可欠なツールとなります。

アメリカなどとは違い、日本ではカイロプラクターに診断権はありません。ただ、口に出すことは出来なくても頭の中で「診立て」ができる必要があるのは言うまでもありません。

「診立て」によっては、病院でMRIなどの検査を受ける事をお勧めする場合がありますが、先日私が「L4/5 正中やや左よりのヘルニアの疑い」と頭の中で「診立て」ていた患者さんが病院で撮ったMRIのコピーを持参して下さり、まさにその通りのものが画像に映っているのを見て、不謹慎ながら心の中でガッツポーズをしてしまいました(笑)。

その患者さんは、より慎重な配慮が必要な症例でしたが、痛みもしびれも全く無くなり、普通に日常生活をおくれるように改善出来ましたので、”心の中のガッツポーズ”についてはお赦しを願えるのでは(笑)と、勝手に思っている所です。

次回の勉強会は7月に行われる予定で、今からワクワクしながら楽しみにしています。







腰痛・O脚矯正・骨盤矯正・姿勢矯正など。
福岡県福岡市「博多カイロプラクティック」


「骨盤が広がっている」という言葉をよく耳にします。

テレビや雑誌、ネット上で記事として目にする事も多いですが、「広がっている」とは一体何を指しているのか、はっきりした定義があるわけでもなく、かなりあいまいな言葉です。

一般的には、上半身に対して下半身のサイズが少しでも大きいと「広がっている」と言われているようで、博多カイロに来院される皆さんの中にも、以前に「あなたは骨盤が広がっている」と言われ、ご本人もそう信じていた方が沢山いらっしゃいます。

ただ事実を言ってしまうと、どんなに下半身が大きな方でも「骨盤が広がっている」方などまずおられません。(そういう表現をしてもウソにはならないかな?と思えた方は、この10数年の間でもほんの2~3人といったところでしょうか)。

一種のセールストークみたいなもので、「骨盤が広がっている」と例えば施術をする人に言われたとしたら、”ああ、この人は本当は知識が無いんだな”と思って頂いてほぼ間違いないでしょう。(笑)
現実問題として、原因は別の所にあるのですから。

私は開業してから17年以上(平成26年現在)、数多くの方から矯正の相談を受け、実際に博多カイロの「矯正プログラム」を受けて頂いて綺麗になられた沢山の皆さんの中から、「ガリヤ」という福岡の情報誌だけでも、45名もの方がビフォーアフターのモデルとして紙面に登場して下さっています。

博多カイロのホームページにも「矯正の実例」として一部の方を掲載させて頂いていますが、”別の原因”で下半身のサイズが大きくなられている方はおられても、「骨盤が広がって」いた方は1人もおられません。

「何かに座るだけで骨盤の形が変わる」なんていうものも見かけますが、「顔を手や何かで押して、顔の骨格が変わる」というのと同じで、冷静になって考えれば”荒唐無稽”な事であるのは 誰しも理解できることだと思うのですが、ビジネスとしては全国的に大手をふってまかり通っているんですよね~。(笑)

先日、神経診断学の勉強会に出席していた時、講師を務められていた整形外科のドクターがこのような”ビジネス”を一刀両断していましたが、それを聞いて”その通りっ!!”と心の中で思っていた私でした。




腰痛・O脚矯正・骨盤矯正・姿勢矯正など。
福岡県福岡市「博多カイロプラクティック」