<   2012年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

長~い間ブログを更新せず、「何やってんだ!」と ある方にお叱りをうけてしまいました(笑)。

けっして忘れていたわけではなく、 4月・5月と、博多カイロの得意分野である 坐骨神経痛・大腿神経痛・首肩から腕~手指にかけての痺れなどの新患(それもかなり症状のひどい方)が多く来院され、また 日本トップレベルの矯正ノウハウと実績を誇る O脚や姿勢の「矯正プログラム」の無料カウンセリングのお申し込み、また実際の矯正のお申し込みも多く頂戴し、忙しく過ごしておりました。 
・・・・と、やっぱり言い訳ですね(笑)。


しびれの範囲が大幅に縮小したり、症状そのものが消失したり、長い距離を歩けなかった方から「ずいぶん歩けるようになりました」と良い経過を教えて頂いたりすると、「カイロプラクターで良かった!」とつくづく思います。
また、O脚・X脚や姿勢が 何も無理をしていない日常の状態で、はっきりと綺麗になってくるのを確認すると、「この”矯正プログラム”を開発してよかった!」とやはり施術者冥利に尽きる思いがします。



起床して、”今日の仕事を前にワクワクできる” というのは、現代社会においては かなりに恵まれた事なのかもしれません。

整形外科医のT先生は、「大きな病院の外来診療では、投薬や何らかの処方をした後で、患者さんが快癒された所まで見届けられることは以外と無いんだ」と話されていましたが、私たちの場合には、言わば”改善の経過に寄り添う”事が求められているように思います。

この1~2カ月は、”ぎっくり腰・寝違え” でご来院の方も例年より多かったですが、まともに動けないような方でも、 快癒までの標準的な治療回数は(博多カイロでは)2回から3回なので、短時日の間に改善される手ごたえを常に感じることが出来、 ”ギックリ腰”とご予約の電話が入ると、(不謹慎とおこられそうですが)条件反射的にワクワクしてしまいます(笑)。


反面、カイロプラクティックの禁忌(つまり施術してはいけない)と判断されたケースもあります。

少し前ですが、入ってこられた歩容(歩き方)を見て少しお話を伺っただけで禁忌症であると確信し、即日大きな病院を受診することを強くお勧めしましたが、医師の診断はやはり緊急手術の適応となるものでした。

別の例では、訴えられる症状と検査所見がまったく一致せず、私の頭の中での見立てが出来なかった方がおられました。 よくよくお話を伺うと、整形外科ほか複数の科を受診したあと、これもまた複数の精神科・心療内科を受診しておられ(来院時の予診表には受診歴は無いと記入されていた)、状態から 結果的に施術は不適と判断せざるを得ませんでした。



適切な見立て・判断をするためには、継続した複数分野の勉強が欠かせません。

今年の8月25(土)26(日)には、久留米市の新古賀病院を会場として 日本統合医療学会(IMJ)のセミナーが予定され 私も認定療法士として出席予定なのですが、T先生も講師として来福されるようで、お会いするのを楽しみにしている所です。  10月には東京大学医学系教育研究棟でのセミナー、12月には大阪大学吹田キャンパスでの学会が予定されています。

4月に開催された、日本カイロプラクターズ協会・九州地域ブロックの2012年度定時総会では、2度目となる監査役に選任されました。

忙しくなりすぎないように 色々コントロールしながら、ブログも もう少し更新するようにしようと思います(笑)。よろしくお願い致します。



腰痛・O脚矯正・骨盤矯正・姿勢矯正など。
福岡県福岡市「博多カイロプラクティック」