<   2014年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

8月に恒例となった、日本統合医療学会・九州支部主催の「認定および更新のための教育セミナー」が、今年は熊本県熊本市の「国家公務員共済組合連合会・熊本中央病院」を会場として行われ、出席して勉強して来ました。
f0222994_18523122.jpg

会場となった「熊本中央病院」の規模の大きさにまずビックリ!!
f0222994_18504247.jpg

セミナープログラム。
f0222994_18573157.jpg

特に新古賀病院(福岡県久留米市)の理学療法士・大川卓也先生による「”乳癌による胸筋温存乳房切除術・リンパ廓清術”からの退院後に生じた”肩関節可動制限と疼痛”の訴え」に対して、M-Test(経絡テスト)という東洋医学的な手法も併用して治療を行った症例の提示など、興味深く拝聴しました。

外科医で、博光会 御幸病院名誉院長の長尾和治先生(元・熊本市民病院院長)が、やはり乳癌手術後の肩関節可動障害に対して、”操体法”という手技療法ではポピュラーな技法の効果に言及されておられた事も記しておきたいと思います。
f0222994_2034443.jpg

ただ1つ残念だったのは、”鍼灸”のカテゴリーで予定されていた M-Testの発案者である九州大学医学部出身の医師で 福岡大学スポーツ科学部教授・福岡大学病院東洋医学診療部部長・向野義人先生の講義が、直前に変更になってしまった事です。
仕方のないご事情である事の説明がありましたが、一番聴きたい講義だっただけに正直”ガックリ”感は否めません。 著書を読んで勉強しよう(泣)。

ただ、ピンチヒッターとして鍼灸の講義をされた、経絡治療学会副会長の馬場道敬先生の語り口が軽妙で、
本当は難しいはずの話を とても噛み砕いてわかりやすく説明して下さり、カイロプラクティック手技への応用のヒントを得る事が出来たのが予想外の大収穫!!
f0222994_20403436.jpg

くまモンに見送られながら、充実した気持ちで博多への帰路につきました。



腰痛・O脚矯正・骨盤矯正・姿勢矯正など。
福岡県福岡市「博多カイロプラクティック」


2014年度の日本統合医療学会・九州支部セミナー(会場:熊本中央病院)終了後、わずかな時間ではありましたが、久々に熊本城を訪れる事が出来ました。
f0222994_1744274.jpg

今回の目当ては上の写真の「天守閣」ではなく、明治10年(1877年)の西南戦争時の火災消失からも免れ、慶長12年(1607年)の創建当時から残る唯一の多層櫓「宇土櫓(うとやぐら)」=下の写真。 
(国指定重要文化財)  
予約した新幹線の時間との兼ね合いで、宇土櫓 ”直行直帰”です(笑)。
ちなみに上の天守閣(昭和35年再建)の写真は、宇土櫓最上階から撮影したもの。
f0222994_17565418.jpg

一般的な城郭なら、優に天守閣に相当する大規模な櫓です。
f0222994_17583838.jpg

宇土櫓の内部。現存する他の城と同じく、階段は狭く急角度になっています。
f0222994_17594966.jpg

宇土櫓から見た熊本市街地。
f0222994_185895.jpg


40年前の中学生の頃から熊本城は何回となく訪れましたが、当時は「地上5階地下1階」と話に聞くだけで宇土櫓内部に入ることは出来なかったため、ワクワクしっぱなしの楽しい時間となりました。



腰痛・O脚矯正・骨盤矯正・姿勢矯正など。
福岡県福岡市「博多カイロプラクティック」


by hakata-chiro | 2014-08-25 18:23 | 雑感