最近初めてご来院下さった方から、「以前あるカイロに行ったら、健康食品や器具を押し売りされそうになった。カイロに対するイメージがものすごく悪くなった」という内容のお話を伺い、なんともやりきれない思いがしました。

日本にはカイロプラクティックに関する法律がありませんので、誰でも”カイロプラクティク””カイロプラクター”を名乗る事が出来ます。そのために、”カイロ”と名乗って人を引き寄せておいて、健康食品やふとん・マットなどを販売する業者が昔から後を絶たないのです。

中には、初めはまともな治療院としてスタートしたものの、経営に行き詰まって違う方向に走ってしまった人もいるようです。

私は「日本カイロプラクターズ協会」という、カイロプラクティックの日本代表団体の九州地域ブロック監査役を務めさせて頂いています(4月末で任期満了予定)。
自然に業界全体の発展を願うようになりましたが、上記のような業者の所業の為に、真っ当なカイロプラクティックに対する誤解が皆様の中に生じないよう、声を大にして叫びたいような気持ちになります。

私は開業してしばらくしてから、「そういう業者と混同されたくない」という思いが強くなり、腰痛ベルトやテーピング用のテープなど、ごく一部を除いて物品の販売をしない事を決め、13年間その方針を貫いています。

以前は腰痛ベルトさえも、患者さんからの依頼を受けてから取り寄せていた事も一時期あったのですが、痛みで「今この場で要る」という方には当然間に合いませんので、反省して取り寄せ依頼の多かった数アイテムだけは置いて、それ以外は患者さんからのご希望があったときだけ取り寄せてお渡しするようにしています。

国立病院に勤務するある医療関係者の方から、「病気で苦悩している患者さんは、国立病院に入院していながら、通販でなんと病室に健康食品を取り寄せている。少しでも救いを求めて真剣な気持はよく理解できるが、良いのか悪いのかもわからずに、評判や口コミで購入しているケースが多いようで、医療者としては実際に困る事がある。  どうせどこかで購入されるならば、あなた(私・坂井)が知識を元に厳選して患者様に勧めてあげる方が、かえって親切なのだよ」 と言われたことがあります。

実際に、アメリカなどではカイロプラクターが栄養指導も行うし、日本でも人格・識見・技術ともに優れ、私も尊敬するカイロプラクターが、患者さま本位で健康食品を置いておられる例も知っていますが、こういう例は前述の「モノ売りやさん」とは考え方から根本的に違い、もちろんあってよい事だと思います。

ただ、腰椎椎間板ヘルニアで苦しんでいる患者さんに「この水を飲まないと治りません」などと言って、10数万円もする浄水器を売りつけるようなとんでもない事がまかり通っている現状を福岡でも見るにつけ、私は「治療者・施術者に徹するぞ!」という思いを新たにするのです。



腰痛・O脚矯正・骨盤矯正・姿勢矯正など。
福岡県福岡市「博多カイロプラクティック」


# by hakata-chiro | 2010-04-19 05:45 | 雑感
だんだん暖かくなってきて、衣替えの季節にさしかかってきたためか、O脚・X脚や骨盤矯正のご相談が増えて来ました。

博多カイロの矯正プログラムは、よく見かける「マッサージまがい&ポキポキ+空気圧でのエアー圧迫」みたいな見せかけの自称”矯正”ではありません。

私の所には、面識の無い同業者からも「O脚矯正を教えてほしい」という依頼の電話がよく、それも日本中アチコチから掛かって来ます。まだそのような同業者の方に教えた事は無い(平成22年現在)のですが、実際上ほとんど専門知識をもっていないその方々が業務としてO脚矯正をやっていないかというと、これがとんでもない(笑)。

その方々のホームページを見ると、すごくもっともらしい文章とビフォーアフター写真が自慢げに掲載されているケースがほとんどです。

今までも色々な媒体でお話していますが、どうなれば「治った・直った」事になるのかという定義があるわけではないので、それをよいことに 現在も日本中で、

「直らないのは、施術者自身が本当は一番よく分かっているけれど、適当にやっていてもビジネスになるから」

という自称”矯正”が行われているのが実情で、私の所に教授依頼の電話をかけてこられる同業者の方は、罪悪感とか、やっていてつらい思いを感じておられる方が多い分、まだ良い方なのかもしれません。 (直ると信じてそこに通われている皆さんにとっては、とんでもない話ですが)。


福岡まで通えない方のために私からアドバイスさせて頂くとすれば、

①矯正を始める前に細かく検査をしないところは×。

脚の長さとか、隙間の広さを見ただけでは、矯正可能かどうかは分かりません。
専門的な検査が絶対に必要で、逆にしっかり検査が行えれば、施術する前に見通しは分かります。

②通信矯正などありえません。ノウハウを口頭やペーパーで伝えたりしても、普通の状態でまっすぐな脚や綺麗な姿勢になるのに必要な、最も重要な部分の矯正が出来ないからです。
100歩譲って詳しくDVDを作ったとしても、ビジネスとしては成功するかもしれませんが、矯正としての成功率はコンマ以下ではないでしょうか?

③「どうなったら直ったことになるのか」という、そこの先生の定義をはっきり聞いて確認する事。
納得出来るものでなければ×。納得出来るものであった場合には「自分はそうなれるのかどうか」と聞いてみることです。

例えば成人男性の場合、矯正結果の見通しが、女性陣の多くが達成可能なレベルに届かない事が実際にあります。私の場合は、無料のカウンセリングで詳しく検査をしてその見通しを聞いて頂き、その上で矯正を受けるかどうかの判断をして頂いています。もちろん見送って頂いてもかまわないのです。

④日常の普通の状態でまっすぐ脚になったり、親しい人からも驚かれるほど綺麗な姿勢・スタイルを手に入れる。人間の身体を本当にそこまで変化させるためには、ご本人の努力ももちろん必要です。ただ横になって施術を受けるだけで直るような説明をするところは×印です。

ちなみに、「身長を伸ばす」と言って器械で長時間引っ張るような”矯正”もあるようですが、人間の身体は朝と晩で、最低1~2センチは身長が違うのが普通です。普通に寝るだけで身長の計測値は高くなるのです。1日活動すれば、夜は低くなっています。


まだ色々ありますが、長くなりすぎたので今日はこのへんにしておこうと思います。




腰痛・O脚矯正・骨盤矯正・姿勢矯正など。
福岡県福岡市「博多カイロプラクティック」


一昔前の話になりますが、私がまだ開業前の修行時代、自転車に乗っていて学生さんの運転する外車にはねとばされたことがあります。

肩と側頭部からアスファルトに叩きつけられ、それからというもの、ひんぱんな頭痛に苦しめられ、ひどくなると嘔吐し続けました。
傷が回復し出してからも、ちょっと何かに集中したりすると、肩から首筋がピキピキと固まってきて頭痛が始まるのです。

 
博多カイロには、長時間のパソコンや運転等々原因は様々ですが、緊張性頭痛や片頭痛と病院で診断された方が多数来院下さっていますが、その時の経験から学んだ事が施術をさせて頂く上で大きく役立っています。

私自身は、カイロプラクティックの恩師の治療を受け、ある程度動けるようになってからは「肩ゆらしジョギング」と名付けた自己流リハビリを併用して、事故の後遺症を克服しました。


市のグラウンドで、ウオーキングをしている近所の奥さん方に追い抜かれるくらいの超スローなスピードで、走ると言うよりも体を上下にゆらす感じで前に進んでゆくのですが、体力の低下により、事故前には10Km位ならかなりのスピードで走れた私が、初日には200メートルでダウンしてしまいました。

それでも、ノロノロ走りを積み重ねていくうちに、カイロプラクティックの治療効果と相まって徐々に本来の体を取り戻す事が出来たのです。


開業から13年以上のあいだ、適応と思われる症状の方には、この「肩ゆらしジョギング」をお教えし、とても良い結果を得てきたのですが、昨年の夏頃にNHKの「ためしてガッテン」という番組で”スロージョギング”という内容の放送があり、肩を意識的に少し上下させる事を除けばほとんど同じ理屈である事に、我が意を得た思いでした。

以前に福岡大学にいらした先生が提唱された「ニコニコペース運動」とも通ずるものがあると思いますし、今も運動療法として積極的にお勧めしています。


私は現在50歳ですが、無理のない範囲で10~12Kmのジョギング(スローです)を楽しんでいます。仕事柄、走れるのは帰宅後かなり遅い時間に限られるため、走っているとヤンキーお兄ちゃんのグループや、パトロール中のパトカーによく遭遇します。”不審者とまちがえないでね”と心の中でいつも思ってしまいます(笑)。

私のようなおじさんには何の問題もありませんが(笑)、女性の方が試みられる時は、時間と場所だけはくれぐれも安全を考慮下さるようお願いしています。



腰痛・O脚矯正・骨盤矯正・姿勢矯正など。

福岡県福岡市「博多カイロプラクティック」


# by hakata-chiro | 2010-04-08 05:56 | リハビリ